儒達山(ユダルサン)ドゥルレ路

大韓帝国末期に大学者である鄭萬朝(ジョン・マンジョ)先生が1907年に建てて地域文人たちの集まり場所であった木浦詩社、達成寺(タルソンサ)の切ない撤去民塔、韓国初の野外彫刻公園の作品を観賞し、遠く新安郡と木浦を連結する押海(アプヘ)大橋、落照台(ナクチョデ)から高下島(コハド)木浦大橋付近を赤く染める夕暮れとその間を行き来する大小の船の姿が美しい。(6.3km、所要時間約2時間30分)

儒達山駐車場、木浦詩社、達成寺、特定自生植物園、彫刻公園、漁民園、ボンフセン、落照台、アリラン峠、水源地堤防道、鶴岩寺、儒達山休憩所 6.3km、所要時間約2時間30分

木浦詩社

撤去民塔

漁民園(オミンドンサン)

木浦大橋の夜景