木浦の食欲をそそる木浦中央食糧市場

1960年度当時は道路沿いで露店テントの商店だったのが市営市場(建物841㎡)を商人に分譲して今の市場の母体となり周囲の商店街と調和して半世紀近く場所を守ってきた市場だ。今は政府と自治体が推進してきた環境改善事業の一環としてのアーケード施設ができて快適なスペースに生まれ変わった。

木浦市民の哀歓がこもった唯一の伝統市場。

Traditional Market

Traditional Market

Traditional Market

50年余りの歴史を誇る伝統市場としてたいてい2、3代目を受け継いでいる商人たちが商売していて熟練したノーハウで料理の味と衛生的な製品を生産する。顧客との厚い人脈がつながって、全国どこからでも注文がきて24時間以内に配送が可能である。

様々な人が出入りする新·旧の調和した市場だ。

韓国の先祖代々受け継いできた伝統の冠婚葬祭食品を主に取り扱って製造しており夜間の時間帯には飲食店の横町が若い顧客たちで込み合うところでもある。